ふじのくに茶の都ミュージアムなら「ななやのジェラート」待ち時間なし!

茶の都ミュージアム
  • URLをコピーしました!
  • 並ばずにななやのジェラートが食べたい!
  • 観光とグルメをセットで楽しみたい
  • お茶のことを色々知りたい

そんな方にピッタリなのが静岡県島田市にある、ふじのくに茶の都ミュージアム。

ななやと言えば、世界一濃い抹茶ジェラートで有名なお店ですが、人気店で並ばずに食べるのはなかなか困難です。

しかし、ふじのくに茶の都ミュージアムの売店なら本店のように並ばずに、ななやのジェラートが食べられます

この記事では、GW中でも並ばずに食べられたななやのジェラートを、ふじのくに茶のミュージアムの魅力と共に紹介します。

この記事でわかること

ななやが食べられるのはふじのくに茶の都ミュージアムの売店

茶の都ミュージアム

ななやは、茶の都ミュージアムの売店にあります。

茶の都ミュージアムでは、ジェラートのみでの販売ではなく、パフェ専門店です。

また、抹茶味で購入出来るのは、№1・№3・№5・№7とちょっと少なくなっています。

最初に券売機で券を購入します。

茶の都ミュージアム

№1→№7と数字が大きくなるほど濃い抹茶で、苦みが増します。

初めての方は、ぜひ№7をおすすめしますが、№7は、少し金額が上がります。

GWに行ったら、ちょうど新茶の時期だったので新茶パフェもありました!

  • 世界一濃い抹茶№7パフェ→790円
  • 新茶パフェ→790円
  • それ以外のパフェ→680円
茶の都ミュージアム

今回は子どもも食べるので№3を購入!

パフェじゃなくて良い!もっと色んな種類が食べたいという方におすすめ!

売店で、カップに入ったジェラートを購入出来ます。

№2・№3・№4・№5・№6・№7が買えます。

しかも、ジェラートのみなので安い!

№2~№6は380円。

№7は590円です。

茶の都ミュージアム
ななかまど

私のおすすめは№4。普通の抹茶アイスよりちょっと濃い感じです。

ふじのくに茶の都ミュージアムでは、お茶の知識が一通り学べる

最初に売店を紹介しましたが、ふじのくに茶の都ミュージアムは、お子さんと一緒に楽しめる魅力的な施設でした!

ミュージアム内では、お茶の歴史やお茶の品種、世界のお茶などお茶についての知識を一通り学ぶことが出来ます。

大人も楽しめるミュージアムです。

ふじのくに茶の都ミュージアムで体験イベント

ふじのくに茶の都ミュージアム

また、お子さんにおすすめなのが体験イベント。

予約制ですが、お茶に関する様々な体験をすることが出来ます。

観覧券の料金プラス各イベントの料金がかかります。

  1. 牧之原ティーテラス体験
  2. 日本茶の入れ方体験
  3. 世界のお茶体験
  4. 抹茶挽き体験
  5. お茶のブレンド体験
  6. 茶道体験
  7. 新茶まるごとすすり茶教室(期間限定)
  8. 茶摘み体験(期間限定)
  9. オリジナル急須作り

※イベントは時期によって変わるようです。

なかなか体験出来ないイベントも多く、お子さんにとっても貴重な体験となること間違いなし!

GWは、ちょうど新茶の時期で茶摘み体験もやっていました。

また、外に茶摘みをする機会摘採機が置いてあって、自由に乗って写真撮影をすることも出来ます。

茶の都ミュージアム

ブログ仲間の「ボイパ茶師」さんが、お茶の体験イベントについて詳しく書かれています。あわせてご覧ください!

ふじのくに茶の都ミュージアムで小堀遠州の庭園を散策

ふじのくに茶の都ミュージアム

小堀遠州が手掛けた庭園があり、庭園をぐるっと一周散策することが出来ます。

日本ならではの庭園をのんびり散策するだけでも、貴重な体験です。

ななかまど

それほど大きな庭園ではないので足元に注意すれば1歳の息子も歩いて散策出来ました。

茶の都ミュージアム

伊勢物語に登場する八橋も実際に渡ることが出来ます。

茶の都ミュージアム

八橋から下を覗くと、綺麗な景色が広がっています。

茶の都ミュージアム

ふじのくに茶の都ミュージアムのレストラン

カフェレストラン「丸尾原」が入っていて、抹茶を練り込んだそばのざる蕎麦や、カルボナーラ風に味付けた抹茶蕎麦、静岡産の本わさびなどを味わうことが出来ます。

とても景色がよく、天気が良ければ富士山を眺めながら優雅な食事が楽しめます。

レストランの営業時間は11時~14時で、毎週月曜日と火曜日は定休日なのでご注意ください。

ふじのくに茶の都ミュージアムへ行った方の感想

https://twitter.com/vp_chashi/status/1389019557130502144?s=20

ふじのくに茶の都ミュージアムへのアクセス

住所 静岡県島田市金谷富士見町3053-2

茶の都ミュージアム

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次へ
トップへ
この記事でわかること
閉じる