宮城県鳴子峡の紅葉【子ども連れ情報】見頃・楽しみ方・事前準備を紹介

鳴子峡
  • URLをコピーしました!
  • 子どもと一緒に紅葉をみたい
  • 子連れでも楽しめる紅葉スポットは?
  • 鳴子峡の楽しみ方を知りたい

宮城県No,1の紅葉スポット、鳴子峡。

例年、紅葉の見頃は、10月下旬~11月上旬です。

もちろん、子連れでも行ける観光スポットです。

この記事では、子連れで鳴子峡観光へ行く際の事前準備、鳴子峡の紅葉の見どころ、食事、宿泊場所などを併せてご紹介します。

ななかまど

我が家は2年に一回は子どもを連れて鳴子峡を訪れています。

この記事を読めば、事前準備をしっかりしてお子さまと鳴子峡の紅葉を満喫出来るでしょう。

ぜひ、お子さんと秋を思う存分満喫して来てください♪

この記事でわかること

鳴子峡紅葉見ごろの時期

鳴子峡

鳴子峡の紅葉の見ごろは、例年、紅葉の見頃は、10月下旬~11月上旬です。

見ごろ近くなると、たくさんの方がTwitterに写真付きで投稿してくれるため、リアルタイムで情報を得ることが出来ます。

鳴子峡紅葉の見どころを写真付きで紹介

鳴子峡の見どころは大きく4つ。

  1. 見晴台から大深沢橋を眺める
  2. 大深沢橋からJR陸羽東線を眺める
  3. 山中平口遊歩道を散策する
  4. 大深沢遊歩道を散策する

順番に写真と共に解説します。

レストハウス見晴台から大深沢橋を眺める

鳴子峡

 駐車場からすぐで、一番行きやすい観光スポットです。

ベビーカーでも見られるのでおすすめ!

写真撮影をしてもらうことも出来ます。

レストハウスにはトイレもあり、オムツ換え台も設置されているので、小さなお子様も安心して観光が出来ます。

レストハウスの奥にある階段を数段降りると広場があり、走り回って遊べます。

広場の奥に、電車を間近で見られるスポットがあります。

鳴子峡

ただし、狭い場所でしっかり見られるのは限定1~2人なのであまりおすすめしません。

こんな感じ

鳴子峡

どうしても近くで見たい人は、時間より早めに行って待ってると良いかも。

大深沢橋からJR陸羽東線を眺める

鳴子峡

レストハウスから歩いて5分くらいの所に、大深沢橋があります。

橋からレストハウス側を眺めると、JR陸羽東線を望むことが出来ます。

こちらからの景色も絶景で、カメラマンに人気のスポットです。

橋には多くのカメラマンでいっぱいになるため、ベビーカーで行くのは人混みで大変かと思います。

また、高い橋の上で見ることになるので、柵はしっかりついていますが、動き回る小さなお子様は少々怖いかも…。

鳴子峡

電車が大好き!!というお子さんは大人と手をつないで見に行くと良いかと思います。

紅葉の時期は、ゆっくり走ってくれます。

本数は少ないので、時刻表を確認してくださいね。

鳴子峡温泉駅から数分の位置です。

中山平口遊歩道を散策する

鳴子峡

 橋の下まで、階段で降りていくことが出来ます。

約100メートルの高さを340段、階段で降りていくことになるので、抱っこ紐だと登りがかなり大変です。

ななかまど

2歳の息子は一人で歩けました。

川沿いに降りられるので、峡谷を流れる大谷川と紅葉を一緒に楽しむことが出来ます。

鳴子峡

遊歩道は9時~16時です。

所要時間の目安は下り10分・上り20分。

子連れの場合はもう少し時間がかかります。

鳴子峡

大深沢遊歩道を散策する

鳴子峡

 一周約2.2㎞、徒歩50分の遊歩道散策コースもあります。

こちらは、かなり長い道のりなので子連れだと厳しいかと思います。

しかし、実は1周しなくても、道路を渡ってちょっと遊歩道に入ったら林の中の綺麗な道を歩けます。

鳴子峡
ななかまど

写真を撮るだけでもとても楽しめる穴場ポイントです!

舗装されてないのでベビーカーでは行けません。

鳴子峡の紅葉を子ども連れで見に行く際の事前準備

準備
  • 脱ぎ着出来る服装
  • 小銭
  • ベビーカーはレストハウス周辺のみ
  • 散策する場合は抱っこ紐必須
  • ビニール袋(どんぐりや落ち葉拾い)

朝・夕は冷え込みますが、昼間は日がさすと暖かくなります。

ななかまど

特に子どもは走り回るとすぐに暑くなり汗をかきますよね。

ジャンバーなど、脱ぎ着出来る服装の準備をおすすめします。

また、落ち葉拾いやどんぐり拾いなども楽しめます。

どんぐり

ビニール袋を持参して、どんぐりや落ち葉拾いを楽しんでみるのも良いですね♪

例年、見ごろの時期には露店なども出ています。

鳴子峡

現金、小銭の用意もあると良いと思います。

ベビーカーは、レストハウス周辺のみであれば利用出来ます。

散策を考えている場合は、階段やじゃり道なので、まだ歩けないお子さんがいる場合は抱っこ紐必須です!

鳴子峡レストハウスでの食事

 レストハウスにはレストランもあり、そばやうどん、ラーメンなどを食べることが出来ます。

またレストランに入らなくても、みそ団子やおにぎり、コロッケなどをフードコーナーで買うことが出来ます。

子どもたちの大人気だったみそ団子

みそ団子

外に出ていたきのこ汁は、人気で大行列でした!!

きのこ汁

 また、駐車場の方に露店も出ていて、玉こんにゃくやお好み焼きなどの食べ物も販売されていました。

 ※かなり混雑するので、時間には余裕を持ってきてください。

鳴子峡へのアクセス

宮城県大崎市鳴子峡温泉

鳴子峡

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次へ
トップへ
この記事でわかること
閉じる